読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコレット小説置き場

小説(薔薇腐、夢)置き場。たまに自分のことも。

俺と奴の関係 ー fmkn

健人side

 

俺はアイドルだ。
結構有名でドラマにもバラエティー番組にも出ているような、ちゃんとしたアイドル。


アイドルには熱愛報道が付き物だ。
俺も何度か出ているが、今まで出たものは全てガセである。
恋愛していない訳ではないが、本当のことがバレると、他の芸能人がバレるよりすごく大変なことになってしまう。


それは、何故かと言うと。


「……おい」

「ん?あ、おかえり」

「おかえりじゃないだろ」


この男と交際しているから。


この男は菊池風磨。同じアイドルグループのメンバーで、俺の一個下。


中島健人の交際相手が、
男であること。
同じグループであること。
菊池風磨であること。
こんなことバレてしまったら、メディアに引っ張りだこになり、当分眠れない日々が続くだろう。俺の人生が終わってしまうかもしれない。


でも別れることはできない。
だって、好きだから。
俺はきっと、この男から離れることはできないだろう。


「なに勝手に入ってるんだよ。
鍵空いてたから泥棒かと思ったんだぞ」

「折角恋人が会いに来たのに、嬉しいありがとう大好きの言葉もないの?」


ふざけんな、と軽く頭をはたく。
美味しそうな匂いがしてふとテーブルを見ると、俺の好きなオムライスがあった。


「これ風磨が作ったの?」

「おう。冷めるから早く食えよ。」


こういうさり気ない優しさが憎い。
結局許す流れになってしまうから。


「…いただきます」

「どーぞ」


美味しい。
俺は普段、どちらかと言うと風磨に抱かれる身なのに、料理とか美容とかは風磨より劣っている。
だからといって風磨よりできるようになろうとは思わないけど。


「どう?」

「美味いよ」

「よかった」


ぺろりと平らげた俺が食器を洗っていたら、奴が背中から抱きついてきた。


「中島、あのさ」

「なに」

「今えっちしたいって言ったら何て言う」

「回りくどい」

「えっちしたい」

「待って。シンキングタイム。」


明日は仕事だ。
随分していないし、体にかかる負担も大きいだろう。


考え込んでいると、シンキングタイムが面白かったのか、笑った風磨の吐息が耳にかかった。
ふる、と体が震える。


「で?していいの、ダメなの」

「……いれないなら」

「りょーかい」


了承してくれたけどいれないならなんて、風磨はがっかりしたんだろう。
俺のことを大切にしてくれているような気がして、嬉しくなった。


「じゃ、どこまでならいい」

「……まさぐり合い」

「ぶっ」


笑い出す風磨につられて俺も笑った。
突然頭を少し引き寄せられて、軽いキスを受けた。


「ベッド行く?ここでもいいけど」

「馬鹿かお前」


風磨とほぼ同じ体型なのに、お姫様抱っこでベッドに連れられた。
優しく寝かされて、上から風磨が覆いかぶさってきた。
顔が、異様に男前で。


俺の恋人は最高にかっこいい。


この関係がずっと続きますように。


そう思いながら、降ってくるキスの雨を目を閉じて受け入れた。

 


.