読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコレット小説置き場

小説(薔薇腐、夢)置き場。たまに自分のことも。

健人くん。ー mrkn?←Not腐

マリウスside

 

 


健人くんは、すごく優しい。


すごく優しくて、面白くて、
いつもボク達を見てくれてる。


いつだって他にない、ボク達のお兄ちゃん。


…あぁ、ほら、
勝利くんが隅で泣いてる。


健人くんが声をかけて、涙を拭って。
勝利くんの心の傷を消毒して、絆創膏を貼って。


次はほら、聡ちゃんの元気がない。
関係ない話をして、一方的にニコニコして、
隣に寄り添って自分の笑顔を分けてあげて。


風磨くんがなんかイライラしてる。
向かい合って座って、愚痴を聞いてあげて、
風磨くんが拳を固くしたから、手を重ねて、握りしめて。


「マリ、どうしたの」


ボクは気がついたら泣いていた。
健人くんがボクに向けた笑顔にまた涙が落ちていった。


「健人くんが大変そうだから」


こうやって泣いても、また健人くんを困らせるだけなのに。ボクは。


「大丈夫だよ、俺は。」


ボクはまた、健人くんに甘えてしまうから。


「うおっ、なに、びっくりした」


思い切り抱きしめて。
ボクにはそんな力、ないかもしれないけれど。


ボクは健人くんの、ボク達の健人くんみたいな人になりたいな。


「心臓、ドキドキいってる」

「そりゃあ、心臓だからね」

「…痛くない?無理してない?
誰かに、甘えたくないの?」

「だから、大丈夫だって。
なに、お前。そんなことで泣いてたの。」

「だって、さ、健人くん…
みんなに優しすぎる…」

「はは、なに。ヤキモチ?」


そうやって笑うけど、本当は笑う余裕なんて無いくせに。


その傷んで、痛んで、ボロボロになった心は、ボクには治せないんだろうか。
じゃあ、誰なら治せるのか。


健人くん、教えてよ。わからないよ。


きっとこれが、ボクの涙の意味だよ。
ねぇ、健人くん。


ボクの心をわかって?
そして、治してよ。

 

 

.